紅葉の映える日々。

Life is too short to drink bad sake.

日本酒紹介~〆張鶴~

集中講義が始まった。まじめな授業になるかと思いきや、それは明日からとのこと。今日はONE PIECEとかガンダムとか銀英伝とかマトリックスとかそんな感じだった。これは授業の一環としてはエエのやろか。まあ楽しんで聞いてる人が多かったしそんな授業があってもよいだろうと思った。

 

前置きはこれくらいにして、今回紹介する酒(飲んだことがある)は〆張鶴

www.shimeharitsuru.co.jp

である(私のPCでは1回で変換できない)。

 

この酒の特徴は“飲みやすい”ことである。

これは勿論悪い意味ではなく、よい意味で言っている。〆張鶴は、とにかく滑らかなのだ。それは以前紹介した麒麟が持つ辛さを基底とした素晴らしいキレ味とは異なり、純粋に喉をさっと抜けていくにもかかわず確かに感じる米のうまみが根底にある。それゆえ〆張鶴はおそらく如何なる料理にも合い、つまみがなくとも飲み応えを感じられる日本酒なのである。

ちなみにどの種類で言っているんだ、と思う方もいるかもしれない。私が飲んだことがあるのは〆張鶴月という本醸造酒であった。この本醸造酒は、私が飲んできた本醸造の中でもトップスリーに入るくらいよかったため、上記の通り記載した。

 

まあ長々と語ってきたが、わかりやすくいうと〆張鶴は非常に飲みやすく美味しい日本酒であるということである。とくに本醸造の美味しさについては、私の中では最上級のものであり、吟醸や生酒に飽きたときにはよく飲ませてもらっている。

 

技術の進歩によって吟醸や生酒が世間に大量に流通されるようになったため、日本酒を飲む若い人々や通の人々は吟醸系や生酒系を追い求めるようになり、蔵元もそういった酒を造るところが増えている。しかし本醸造酒普通酒にだって美味しい酒はあるのだ。今回はなんとなくそんなことを伝えたかった。

f:id:momiji-sake:20180903223318p:plain

↑写真がなかったため今回はいらすとやの鶴のアイコンでお茶を濁すことにする。

最後になるが〆張鶴だった価格は問題ないだろうとアマゾンで確認したところ、定価以上であった。もう酒をアマゾンで販売するのはやめたほうがいいんじゃなかろうか。これでは貼れないので、また新潟の名物を貼っておく。

それではまた。

 

【精米】新潟県産 白米 新之助 5kg 平成29年産

【精米】新潟県産 白米 新之助 5kg 平成29年産

 
亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 200g×6袋

亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 200g×6袋