紅葉の映える日々。

Life is too short to drink bad sake.

主。

主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。』『旧約聖書』「ヨブ記」1章13節~21節 こんな一文をふと見つけた。 私の聖書に対する知識は余りにも少ない。 いつか相対するかもしれない現実には、理解にも反証にも知識は必要なのだろう。 学びは終わら…

筋肉痛。

なんか痛いですね。 まあ頑張るしかありません。 人生は難しいですね。 それではまた。

恐怖こそが。

神なのだ、と誰かが言った。 ではまさに、夜は神なのかもしれない。 電球がなく世を紛らわすものが炎しかなかった時代。 そこでは、まさしく夜が神だったのだろう。 ふとそう思った。 それではまた。

鼻詰まり。

夜が酷いですね。 寝て解決しましょう。 それではまた。

良き知らせが。

届きました。 毎日こうであればよいのですが。 明日も学びます。 それではまた。

ああ。

イライラする。 これも全部あれが悪い。 寝ます。 それではまた。

帰宅。

無事に帰ってきました。 何よりです。 明日も頑張りましょう。 それではまた。 歩いて帰ろう 斉藤和義 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes

明日は早い。

ので寝ます。 良いことを起こしましょう。 それではまた。

疲れた。

就業後の勉強は疲れますね。 寝ます。 それではまた。

歌に励まされて。

長く歩く帰り道。 歌に何となしに救われました。 明日も頑張りましょう。 それではまた。

気温変化。

きつい。 寒さと暑さが交互に来て訳わかんなくなります。 ねます。 明日は万全の体調で。 それではまた。 人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス) 作者:中川 毅 講談社 Amazon

素晴らしき光景。

人生は選択だ。 そして出会いこそが私を救うのかもしれない。 それではまた。

鼻痛い。

気温かこれ。 やられたかもしれん。 寝ます。 それではまた。

気温が。

変わりすぎです。 寝ます。 それではまた。

やらねばならぬことは分かっているけれど。

重い身体に鞭を打ちます。 不確実なよのなかだからこそ、それでも残るであろう真理が其処にあるのだと信じて。 またそれを手に入れるために努力をしましょう。 なにせ一生は短い。 それはもう、言い訳できないほどに。 だからこそ、弱い私と訣別して。 一度…

寝落ち。

してしまいました。 眠ることは才能だと思うのです。 それではまた。

誰だい君は。

ああ、もしよければこちらにお寄りなさい。 積もる話もあるでしょうから。 面倒くさい明日は投げ捨てて語らいましょう。 それでも生きねばならないのですが。 それではまた。

怪しげなことを。

言っている人の背景は洗いましょう。 なにせ短い言葉なんぞに真理はこもってなんかいやしないのですから。 そんな身近にあったら誰も彼も苦労なんてしていないわけです。 それではまた。

座右の銘なんてないけれど。

言語化できない生き方ならある。 それを言語化していくのが今後重要なのでしょう。 無限の螺旋に餐まれる覚悟はあるのですかね。 わからないまま寝ます。 それではまた。

この世において。

賢者を導く星はあるのかもしれない。 それは気高く、貴い星であってほしいと思うのは私だけだろうか。 人間の精神は肉体に左右されるし、環境に左右されるし、勿論外的環境―薬物とか―にも左右される。 しかしこのどこまでも広がり深化しすぎた現代において、…

楽しい夜。

立ち位置を探る夜でした。 なかなか上手くはいかないものですね。 うまくやれればよいのですが。 それではまた。

睡魔。

昼にも来る。 厄介だ厄介だ。 明日に備えて寝ます。 それではまた。

今夜は。

よく眠れそうです。 昨日が悪すぎただけですけども。 快眠はやはり世界を救うのです。 それではまた。

鼻水。

季節の変わり目にやられたかもしれない。 鼻水出まくる。 寝ます。 それではまた。

何もなく。

肉体だけが作られていく。ああ、泉は湧き出した。願わくば、あの紅い月が翳らんことを。それではまた。

なんか鼻の。

調子が良くない。鼻水出るし詰まってるし。寝ます。それではまた。

空腹。

本当に空腹。けど寝るしかない。それではまた。

飲んだ飲んだ。

そして楽しかった!それは饗宴のごとく夜を照らしました。もう寝ます。何しろ余韻に浸りたいので。それではまた。

スペースは。

楽しいですな。新しいことをしれたので。またやりましょう。それではまた。

たしかにそうだ。

うまく行きすぎていた。これは次から気をつけねば。保険をかけないとやってられん。なんとなくですが良い学びになりました。それではまた。