紅葉の映える日々。

Life is too short to drink bad sake.

外食多し。

今日も今日でお昼が外食だった。

こんなに毎日が幸福でよいのだろうか。

いや、よいのだろう。

 

f:id:momiji-sake:20190816233817j:plain

今回は鳥のグリル丼みたいなものである。

しっかりとローストされた鶏肉はしっかりと味を主張しており、飽きが来ない。

焼き野菜がきっちり載っているのも高評価だ。

野菜は人生の必需品である。

食を引き立て、最高のものにするには野菜が役に立つ。

 

そうして。

颯爽と完食したのでありました。

今日も美味と巡り会えてよかった。

それではまた。

 

 

 

終戦記念日だった。

それはもはやTVを見なければ思い出されなくなっているのではないかというほど、私の周りで話題にならなかった。

夜は遠方から来ていた友人と家族で飲んでいたため、このブログを更新することも、ある年に戦争がほぼ終わったことも脳から飛んでいってしまった。

 

忘れた訳じゃない。

考えていない訳じゃない。

けれど、うちの先生みたいに一日戦争の受けとめ方について思いを巡らせるようなことは難しかった。

 

食事と尊厳があれば人は生きていける。

幸いにも現在の私は双方を持っている。

それこそが戦争から現在に至るまでのこの国の結果を示しているのではないか。

そんなことを刺身を食べながら思ったのである。

f:id:momiji-sake:20190816064019j:plain

鯛頭が乗っている。それだけでなんだか楽しい。

すべての刺身は身が大きく、美味でありました。

流石新潟。

それではまた。

 

 

煮干しだしっていいよね。

 

私の母方の実家は味噌汁が煮干しだしである。

それはいいのだが、煮干しの濾し方がたまにアレなため煮干しの苦さを直接感じることがあった。

 

しかしあの複雑な味は嫌いではない。

なので煮干しだしのラーメンを食べてきた。

f:id:momiji-sake:20190814230815j:plain

煮干しチャーシュー。

うむ。

やはり煮干しが持つ苦さとうまみと少しだけある甘さがマッチして、素晴らしいスープを作り上げている。

ここまでスープの味がしっかりしていると多少チャーシューが多くても肉の脂に負けないからいい。

 

息をつくまもなく完食した。

ラーメンには多様な味があるが、その中でも煮干しだしはトップレベルでよい。

そう感じた今日であった。

それではまた。

 

 

茅乃舎 煮干しだし 8g×30袋

茅乃舎 煮干しだし 8g×30袋

 
茅乃舎 煮干しだし 8g×30袋【2個パック】

茅乃舎 煮干しだし 8g×30袋【2個パック】

 
久原本家 茅乃舎だし 8g×30袋

久原本家 茅乃舎だし 8g×30袋

 

 

たまにはこんな日。

今日は墓参りであった。

年に数回しか行かないが、それでもやはり特別な気持ちになる。

帰りに戦死した人の墓の横を通ったが、なかなか人が多く墓参りをしていた。

まだまだ繋がりは切れていないようだ。

 

ここにいない誰かを思い、語り合う。

効率化が進む現代でも、そのような時間は必要なのだろう。

そう強く感じた今日であった。

それではまた。

 

 

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

 
忙しい人の家族ごはん (講談社のお料理BOOK)

忙しい人の家族ごはん (講談社のお料理BOOK)

 
向精神薬の薬物動態学 -基礎から臨床まで-

向精神薬の薬物動態学 -基礎から臨床まで-

 

 

西へ東へ。

 

この夏は兎に角忙しい。

高知にいたと思ったら東京にいたり、新潟にいたと思ったらアメリカに行くことになったりする。

まあこの夏はそういう時間だ。

 

多大な距離を移動するのは何もお天道様だけの特権ではない。

人間にだって時間があれば十分にできる。

そして私には自由に使える時間が多々ある。

 

なれば旅行だ。

西へ東へ。

北へ南へ。

それこそが人生なのだから。

それではまた。

 

 

旅がなければ死んでいた

旅がなければ死んでいた

 
男の隠れ家 別冊 夏の気ままなひとり旅。2019

男の隠れ家 別冊 夏の気ままなひとり旅。2019

 

 

友人と。

高校の友人たちと飲んでいます。

やはり適度な飲酒こそが身を救う。

明日に影響がでない飲み方を。

それこそがよりよい人生なのだろうから。

それではまた。

 

 

居酒屋2019 (柴田書店MOOK)

居酒屋2019 (柴田書店MOOK)

 
居酒屋ぼったくり3 (アルファポリスCOMICS)

居酒屋ぼったくり3 (アルファポリスCOMICS)

 

 

帰省。

 

帰省して、家族と食卓を囲んでいます。

やはり故郷はいい。

真に人間として生きられるのは、やはりふるさとだと思うのです。

まあこれは私だけかもしれないのですが。

 

いずれにせよ私は地元を愛し、そこで死ぬのだろう。

それは幸福なことに違いない。

それではまた。

 

 

まっぷる 新潟 佐渡'20

まっぷる 新潟 佐渡'20

 
ぴあ新潟市食本

ぴあ新潟市食本