紅葉の映える日々。

Life is too short to drink bad sake.

靄がかかる脳に。

 

 

疲労が蓄積しています。

 

やはり21時を超える残業は体に悪いのでしょう。

 

早くいつもの生活に戻りたいものです。

 

最近は夕食すら不規則になってきましたので。

 

それでは皆様、よき夢を。

 

そしてよき明日を。

 

それではまた。

 

あした世界が終わるとしても

あした世界が終わるとしても

  • 発売日: 2019/07/24
  • メディア: Prime Video

キミノイクベキトコロ

キミノイクベキトコロ

  • メディア: Prime Video

あしたは最高のはじまり(字幕版)

あしたは最高のはじまり(字幕版)

  • 発売日: 2018/02/07
  • メディア: Prime Video

今日も残業!

 

寧ろテンションが上がっている今日この頃である。

 

とりあえず、明日に備えてもう寝ます。

 

単純作業は、思考の放棄と加速をもたらすと自覚できた今日でありました。

 

それではまた。

 

 

はかどる作業;イージーリスニング・軽作業・単純作業・作業用BGM
 
単純な作業

単純な作業

  • 発売日: 2019/11/23
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
作業用延長コード15A 5m

作業用延長コード15A 5m

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

祈り縋って。

 

何に縋った?

 

未熟な私に。

 

何を祈った?

 

自分の成長を。

 

では、私は一体、誰に祈ったのだろうか。

 

何に縋りたかったのだろうか。

 

人間関係の種を蒔きながら、ふとそんなことを考えていた。

 

この花は芽が出る段階までいかないかもしれないし、花が咲くとは限らない。

 

寧ろ毒花を育て上げる可能性もあるだろう。

 

だからこそ。

 

言葉に気を遣い、他者を観察した方が生きやすい。

 

しかしそれは、このあまりにも怠惰で自己中心的な己には、なかなかに骨が折れる作業なのである。

 

ああ。

 

私はいったいいつになったら、大人になるのだろうか。

 

それではまた。

 

 

1分間の黙想 祈りの力

1分間の黙想 祈りの力

  • 発売日: 2016/09/30
  • メディア: 単行本
 
脳科学からみた「祈り」

脳科学からみた「祈り」

 

 

三芳菊と光栄菊と。

 

f:id:momiji-sake:20201025231133j:plain

f:id:momiji-sake:20201025231150j:plain

f:id:momiji-sake:20201025231224j:plain

f:id:momiji-sake:20201025231240j:plain

f:id:momiji-sake:20201025231255j:plain

f:id:momiji-sake:20201025231640j:plain

写真はあげていませんが、もう15種類ほど飲みました。

 

一日にこんなに多くの種類を飲んだのは初めてではないでしょうか。

 

どれもこれもいい新鮮で、素晴らしい味でした。

 

特にブドウのラベルはまた飲みたいので、今度探しに行こうかと思います。

 

昼は享楽に耽り、夜は不道徳に浸る。

 

嗚呼、素晴らしき一日でありました。

 

それではまた。

 

 

 

道を見据えて。

 

進むべき道は見えているので、地道に進んでいきましょう。

 

茨道の先に何があるかはわかりませんが、それでもきっと薔薇が見えるはずなので。

 

今日は今週の疲れを取るためにも寝ます。

 

それでは皆様、良い週末を。

 

それではまた。

 

 

黒い週末

黒い週末

  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
大人の週末起業

大人の週末起業

 

 

今日も今日とて。

 

残業でありました。

 

そろそろ定時に帰りたい。

 

できる事が減るし、なによりも疲れる。

 

今日はもう寝ます。

 

なにせあの、明日がやってきますので。

 

それではまた。

 

 

 

うまくやるのは難しく。

会社という場所は特殊だ。

価値観を同じとしない人々が集まっている。

そういう場所にいると、自分の立ち位置を確保するのに苦労するものだ。

いや、これは言い過ぎた。

私という人間は、環境に順応するのに極めて時間を労する存在なのだから。


おそらくどこの会社でも同じ悩みを抱えていただろう。

さて、私はうまくやっていけるだろうか。

できる限りはするが、それを差し引いてもこの性格はついて回る。

なればこそ。

仕事ができるようになるしかないのだろう。

自分を信じ、成果を示す。

それこそが近道なのだと信じて。

それではまた。