紅葉の映える日々。

Life is too short to drink bad sake.

最後の夜。

もうすぐここを出ていく。
その夜は、とびっきりの場所で出会えて良かった人と過ごした。
f:id:momiji-sake:20200315214909j:plain

行きたかった店へ。
食べたかったものを。

しかし100%満足はしない。
そうして次に帰ってくる時の楽しみを作るのだら、
嗚呼。
奔騰に善き四年間であったと、確信できる夜だった。
あらゆるものに感謝を。
それではまた。

鹿肉五膳 犬用おやつ 200g

鹿肉五膳 犬用おやつ 200g

  • メディア: その他
鹿肉五膳 犬用おやつ 200g

鹿肉五膳 犬用おやつ 200g

  • メディア: その他

胃が歳です。

 

f:id:momiji-sake:20200304132638j:plain

濃厚な豚骨ラーメン。

このラーメンを友人と昼に食べた。

ドロッとした濃厚なスープが特徴で、とても美味しかった。

 

しかしだ。

これを食べたら、夕飯が食べられなかった。

私の胃は想像以上にこってりしたものに弱いらしい。

20の時点でトンカツを丸一つ食べることが困難になっていたので薄々は感じていたが、元来私の胃はそこまで強靭ではなかった。

よくない油を使ってるとすぐにわかるし、ある程度どっしりした食事だと後まで引く。

私の胃は一足先に大人になってしまった、ということが改めて感じられた今日であった。

それではまた。

 

 

良い肉を喰らえ。

 

なんかサーロインが安く売っていたので、ここぞとばかりに買って焼いてみた。

f:id:momiji-sake:20200229225109j:plain

サーロイン403g。

付け合わせはタマネギとホワイトマッシュルームをバターで炒めたもの。

ステーキソースも自作した。

焼き加減も完璧である。

 

いつもの肉肉らしい感じとは少し異なり、容易に噛み切れて味がじわっと出てくる。

うむ、とても美味しい。

惜しむらくはソースが少ししょっぱくなってしまったことだろう。

まあこれは次回で生かせばいい。

 

良き人生には良き食事が必須だ。

それは私にとっての必然であり、絶対である。

故に先が見えず、不況を迎えそうなこれからをどう生き延びるのかが重要なのだろう。

いつまでも休んではいられないな、と思った今日であった。

それではまた。

 

 

 

 

 

美味しいパスタ。

 

パスタが美味しかった。

パスタが美味しかった。

 

いきなり二回も繰り返したことを許してほしい。

しかし、今日の昼は素晴らしかった。

f:id:momiji-sake:20200224233953j:plain

生ウニのパスタ。

これを食べて。

f:id:momiji-sake:20200224234029j:plain

ハムのシーザーサラダ。

これを食べて。

f:id:momiji-sake:20200224234231j:plain

ティラミス。

これを食べた。

 

どれもこれも高水準で、また食べたいと思える味であった。

友人と過ごす時間も、いいものである。

そしてイタリア料理に詳しくなりたいと思う、今日であった。

それではまた。

 

 

朝10分でできる スープ弁当

朝10分でできる スープ弁当

  • 作者:有賀薫
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2019/10/24
  • メディア: Kindle
 
MONOQLO(モノクロ) 2020年 04 月号 [雑誌]

MONOQLO(モノクロ) 2020年 04 月号 [雑誌]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2020/02/19
  • メディア: 雑誌
 

 

特別な日。

 

今日は私にとって特別な日だったので、友人とカレーを食べながら盛り上がっていた。

f:id:momiji-sake:20200218233937j:plain

ラムチョップカリーとタンドリーチキン。

年を重ねることは不安を重ねることでもあるが、楽しみが増えるということでもある。

ああ、この特別な今日を迎えられたこと。

そしてそれを祝ってもらえたこと。

それが何よりも嬉しく感じたのだ。

ちなみにカレーは過去最高レベルで美味しかった。

また食べたい。

 

言葉と文字にありったけの祈りを込めて。

それではまた。

 

 

 

焼肉で。

f:id:momiji-sake:20200211230837j:plain

美味しい焼肉。

過去最高レベルの焼肉を食べながら、明日のことを考えていた。

楽しい気持ちを抱きながら、卒論発表会の準備をせねば。

切り替えるのが重要なのではなく、あらゆることを楽しめるかが人生のコツなのだろう。

そういう思いを脳内で巡らせていた今日でありました。

 

ここの焼肉は最高なので、卒業までにはもう一度行きたい。

そんなことも同時に考えていたのです。

それではまた。

 

 

美味しい夜。

 

f:id:momiji-sake:20200210230026j:plain

刺身盛り合わせ。

f:id:momiji-sake:20200210230127j:plain

白子の天ぷら。

 

久方ぶりの父との飲みでした。

魚介類の美味しさを噛みしめられるのは、幸せな証でしょう。

引越しのことを話し合い、夜がふけていったのでした。

ああ、この幸福を持続させよう。

そう自分に誓った今日でありました。

美味礼讃。

それではまた。

 

 

美味礼讃 (文春文庫)

美味礼讃 (文春文庫)

 
美味礼讃

美味礼讃

 
ブリア‐サヴァラン「美味礼讃」を読む (岩波セミナーブック)

ブリア‐サヴァラン「美味礼讃」を読む (岩波セミナーブック)